通信制高校から大学に入学する方法と進学率について

具体的な進学先の学校名が記載されている資料を請求するのが望ましい

姉妹校の中に自分の専攻したい分野が含まれている場合は、推薦入学する方法が良いでしょう。
通信制高校の進学率は、一般的な高校よりはやや低めの傾向になっています。
通信制の高校に入学する生徒は、普通の高校を中退したり転校したりした生徒が多いので、まずは高校を卒業することを目的としていることが多いからです。
ただし最近では進学に対する意識が変わってきているので、通信制の高校だからといって進学率が極端に低いわけではない点に注意しましょう。
さらに進学率が高いからと言って優秀な学校であるとは限らない点にも気をつけたほうが良いです。
進学率を高めるために、生徒に受験を強要していることもあります。
具体的な進学先の学校名や、入学の際に利用した制度などについても高校入学時の説明会などで質問したほうが無難です。
可能であれば具体的な数値が記載されている資料を請求しておきましょう。
一般入試を避けて学校に入学したい場合は姉妹校が多い通信制の高校を選んだほうが良いです。
もちろん推薦入学する場合は学校内の素行や成績などが重要になるので入学後の態度には十分注意しましょう。
入学後の1年間は基礎学力を求められることがあるので、高校の勉強をおろそかにしてしまうと留年するリスクもあるので、予め専門分野の勉強をしっかりして対策をしておくことが重要です。
理系の学部である工学部や理学部などは数学や物理の基礎学力を求められることがあるので、予め勉強しておきましょう。

日本で初めてインターネット教育システムを導入した、京都・大阪の通信制高等学校です。
働きながら学習できる社会人コースもあります。
京都と大阪の通信制高校 京都美山高等学校https://t.co/XZU9Rk9xLn  #京都 #通信制高校

— 京都美山高等学校 (@miyamasystem04) 2019年2月16日

通信制高校から大学に入学する方法一般入試制度を活用する方法と推薦入学する方法の二種類具体的な進学先の学校名が記載されている資料を請求するのが望ましい

通信制高校 | 通信制・単位制高校 長尾谷高等学校